このサイトでクラウド会議がまるわかり!

クラウド会議室はどのように進化していくか

日本でクラウド会議が定着した背景

テレワークの発想は、ワークシェアリングに近いかもしれません。
ワークシェアリングとは、同じパイの仕事を複数の社員で分担することで雇用を創出する考え方です。
分割された仕事は当然内容が軽くなりますから、在宅ワークに適したものとなります。
ワークシェアリングとテレワークはつまり、かぎられた仕事のパイを効率的に再配分し、なおかつ潜在的な雇用までをも発掘しようという、非常に根本的な改革なのです。

テレワークはまた、障害をもつ人たちにとっても希望になり得ます。
障害によって毎日オフィスに通うことが難しくても、テレワークというかたちで在宅で仕事をこなせば企業の戦力として見なされ、能力を充分に発揮することができます。

日本型クラウド会議の在り方とは

クラウド会議の背景となるテレワークは、日本にも以前からありました。
いわゆる在宅ワークとよばれるもので、フリーライターやウェブデザイナー、手作業による内職などがこれに含まれます。

在宅ワークや内職も、自宅にいながら収入を得るという点ではテレワークと同じではありますが、厳密な意味ではテレワークとは呼ばれません。
従来型の在宅ワークとテレワークでは、一体どのように違うのでしょうか。

テレワークでは基本的に、企業との雇用契約を前提としています。
大ざっぱに言えば、もともと正社員としてオフィス勤務をつづけていた女性が結婚や妊娠を機に在宅のテレワークに移行する、というイメージでしょうか。
つまり、「正社員として働く」ということがテレワークのいちばんの眼目であり、仕組みを理解するうえでのポイントなのです。