このサイトでクラウド会議がまるわかり!

実践!クラウド会議室

今なぜ、クラウド会議室が主流なのか

クラウド会議室が急速に普及した要因はまず、その利便性にあります。
自宅にいながらにしてリアルタイムに会議に参加できるツールとしてはテレビ会議がすでにありましたが、テレビ会議の場合、映像と音声が自動的に流れるため、移動中などには参加しにくいという難点がありました。

一方、チャット形式で会議が進められるクラウド会議室では映像や音声をファイルとして共有できるため、会議では文書資料を共有し、映像データについては各メンバーが時間の空いた時に確認する、という使い方が可能になります。
これにより、自宅のみならずたとえば移動中の車内や公共施設など、テレビ会議には適さない場所であっても双方向で会議に参加することができ、情報共有が格段にスムーズになります。

クラウド会議室の具体的な導入例

クラウド会議サービスを提供する会社は近年増加の一途をたどっています。
ビジネスに特化したサービスもあれば、若者向けSNSサービスから派生したものもあり、企業にとって選択肢は格段に広がっています。
企業はこれらのクラウド会議サービスと契約することによりサービスの導入が可能となり、多くの場合一定の月額コストが発生します。

無料で提供されているサービスもありますが、有料サービスではメンバーの既読確認機能やセキュリティサービスなどが付加されるため、長期的なスパンで見れば決して高いコストではないと考える企業も多いようです。

クラウド会議室導入の際にはまず、(なぜクラウド会議が必要なのか)を考え、コストパフォーマンスを慎重に検討したうえでサービスを選びましょう。