病院

がんに効果がある免疫療法!副作用が少ない治療術

入院不要のがん治療方法

医者

副作用の少ない治療です

免疫療法とは、人や生物が生まれながらに持っている病気を治す力(免疫細胞)を、最大限に利用して行う「がん」の治療方法です。第4のがん治療法として今注目されています。また免疫療法は、抗がん剤や放射線治療とは違い、自分の免疫を利用して行う治療方法なので、即効性はありませんが副作用が少なく長く持続すると言ったところが、魅力的です。さらに免疫療法は、体力があり健康状態が良い状態のとき早期に治療を開始するほど大きな効果を期待できます。特に抗がん剤や放射線治療・手術などであまり効果を得られなかった患者さん向けの治療法として免疫療法が現在注目され始めています。治療方法は、免疫の活動を早くしたり、遅くしたりと様々な方法がありますし、患者さんの健康状態で変わってきます。治療方法により入院が不要になる事もありますのでうれしい限りです。

治療前に情報を集めよう

具体的に、免疫療法とは体から免疫(細胞)を一旦取り出してから、免疫を強化してまた体に戻すと言った治療方法です。抗がん剤とは違って大きくなってしまった「がん」には、あまり即効性を期待できません。しかし免疫療法は、体中に散らばってしまった小さな「がん」には大きな効果を見せます。それぞれの治療法を組み合わせることがとても大事になってきますし、治療に最大の効果を期待できます。ただし臓器移植などを行った一部の患者さんなどは、健康状態によって治療の制限が出てきますので注意が必要になります。また治療費も1クルー「100万」以上となる事もありますので、保険の適用範囲はどこまでなのか事前に医療機関に十分確認した方が良いです。

間質性肺炎の診断と治療

女性

高齢者では時として命取りになる肺炎にも、気管支や肺胞の炎症とは別に間質性肺炎のケースがあります。肺胞の壁やその周辺に炎症が起きる間質性肺炎が進行すると、肺が硬くなって呼吸困難に至ります。膠原病の一種としての間質性肺炎は診断の難しい面もありましたが、免疫沈降法を利用した検査を経て早期治療が可能です。

もっと読む

細胞を補う治療に活用

看護師

プライマリーセルとは、体から取り出した細胞の培養により、最初に誕生した細胞のことです。もとの細胞と同じ働きをするため、細胞の衰えによる病気の治療に役立てることができます。昨今ではこのプライマリーセルが、凍結した状態で販売されています。手軽に入手できるので、多くの機関で研究が積極的に進められています。

もっと読む

眠らない街で診療

病院

新宿にある内科では、様々な患者に合わせた治療を行っています。夜間診療や休日診療を行っている病院も多くあり、保険診療の病気や自費診療による注射などを行っています。子供の急な発熱から、大人の身体の悩みまで治療する事が出来ます。

もっと読む