このサイトでクラウド会議がまるわかり!

クラウド会議徹底解剖

次世代の会議システムとして注目されるクラウド会議室。 今後もビジネスのスタンダードとして定着していくことが予想されていますが、弱点やデメリットはあるのでしょうか。 クラウド会議室導入前の注意点について解説するとともに、導入後に必要となる企業側の対応について御紹介します。

実践!クラウド会議室

意外に思われる企業でも、ここ数年クラウド会議室がごく当たり前に導入されています。 企業側から見たクラウド会議室導入のメリットとは具体的に何なのでしょうか。 クラウド会議室導入にかかわるコストを把握したうえで、より効率的な運営方法を考えましょう。

クラウド会議室はどのように進化していくか

日本でもようやく浸透しつつあるクラウド会議室。 先進的な企業では早くも「次世代型クラウド会議室」の開発段階に入っており、その活用法が模索されています。 クラウド会議室の現状と今後の展望、そして近い将来主流になるであろう「日本型クラウド会議」についてまとめました。

クラウド会議室導入の前に注意したいこと

かつてのビジネスシーンで遠隔会議といえばテレビ電話が主流でした。
会議に出席できなくてもリアルタイムな映像を見ながら議論に参加できるテレビ会議は社員同士の情報共有を容易にし、業務の効率化をはかるうえで非常に有効なツールではありますが、映像や音声が流れる分、移動中には利用しにくいというデメリットがありました。
そこで現在主流になりつつあるのがクラウド会議室です。

クラウド会議室ならばメンバー全員がチャット形式で会話できるため、移動中の車内や公共の施設などからでも会議に参加することができます。
必要な時にのみ動画や音声をデータとして流すことにより、参加メンバーは時間のある時に資料を確認することが可能になります。
従来のテレビ会議とは異なりメッセージの履歴が半永久的に残されるため、グループチャットそのものを消去しないかぎりそれ自体が議事録としての機能を果たします。
クラウド会議室は、テレワークやフリーランスの在宅ワークなど、個々人の働き方が多様化している現代のニーズに対応する中で開発された、次世代型の会議システムなのです。

クラウド会議室が実際のオフィスでどのように運営されているのか、クラウド会議室にはどのような弱点があるのか。また、クラウド会議室よりもさらに一歩進んだ遠隔会議システムはあるのか。クラウド会議室の概要を把握することで、経営者の立場でも社員の立場でも次世代のクラウドシステムの活用法を考えましょう。